雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

こっちの議論の方がまし どちらが「真のエコカー」なのか?

この記事は約1分で読めます。

燃料電池車と電気自動車、 どちらが「真のエコカー」なのか?
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42579

ここでの議論は次のように展開されている。
こちらで紹介した記事とは大きく異なる議論の展開の仕方で、よほどましな議論の展開をしている。

その際、用いるのが「Well to Wheel」(井戸から車輪まで)という概念である。例えばガソリン車なら、油田から油をくみ上げ、精製してガソリンをつくりだし、クルマの車輪を動かすまでを意味する。そして、このすべての過程で発生するCO2を合計して、ガソリン車1キロメートル走行あたりに排出されるCO2を算出する。

 FCVならば、どのように水素を作ったか、というところから、車輪を動かすところまでのすべての過程で発生するCO2を合計する。同様に、EVも、どのような電力を用いてバッテリーを充電し、車輪を動かしたか、そのすべての過程で発生するCO2を合計する。

 本稿では、この「Well to Wheel」という考えに基づいて、1キロメートル走行時に排出されるCO2の量を比較し、FCVとECのどちらがエコかを判定してみたい。

タイトルとURLをコピーしました