雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

3Dプリンターが人の役に立つとはこういうことを言う

この記事は約1分で読めます。

3Dプリンターが「義足」の民主化を加速する
https://wired.jp/2015/01/18/3-d-printed-prosthetics/

この記事を見つけたとき、3Dプリンターの本当の役割・意味というものを知った気がした。

記事に載っているのはおそらく大きな3Dプリンターでないとダメなものだろうが、組み立て式のものを作ることで家庭用でできるようになるのかもしれない。
これがすばらしいのは、データさえあれば、いくらでも簡単に復元できるということである。
何週間も、何か月もかかることがないのだ。

そしてコストも。

従来の義肢は、何万ドルと高価なため、すべての人に届くものではなかった。しかし、ルート氏によれば、3Dプリンターで作製された義足の基礎材料はたった1,800ドルであるという。

タイトルとURLをコピーしました