雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

暗記しようとせずに暗記するとは?3か月で5000語も覚えてしまった「独特の記憶術」

外国語学習
この記事は約1分で読めます。

暗記しようとせずに暗記するとは?3か月で5000語も覚えてしまった「独特の記憶術」。結局は飽きもせずに繰り返すことが重要ということ。

暗記しようとせずに暗記するとは?3か月で5000語も覚えてしまった「独特の記憶術」
勉強をするときに、いちばん面倒でいやな気分がするのが「暗記」です。しかし、偏差値30から大の苦手の英語を克服して名門ケンブリッジ大学大学院に受かった塚本亮氏は、「暗記なんて簡単」で「むしろ楽しい」と言っています。塚本氏は、いったいどのようにして暗記をしているのでしょうか?

脳科学の研究から明らかになっていることですが、脳が暗記するのは、それが重要か重要でないかとは関係なく、単純に「接触頻度」が高いものだといいます。

脳は「これは重要だから覚えよう」「これは不要だから忘れよう」というような記憶の仕方をしないのです。それよりも、くりかえし接した情報が自然に定着していきます。

https://diamond.jp/articles/-/64980
タイトルとURLをコピーしました