雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

親子で長く過ごすと子どもの言語理解に好影響

この記事は約1分で読めます。

親子で長く過ごすと子どもの言語理解に好影響
https://www.huffingtonpost.jp/science-portal/language-understanding_b_6626410.html

これは耳の痛い話だ。
反省しなければ…。

就学期以降も親子で一緒に過ごす時間が長いと、数年後の大脳の発達や言語理解機能に好影響を与える傾向を、東北大学加齢医学研究所の竹内光(たけうち ひかる)准教授と川島隆太(かわしま りゅうた)教授らが大規模な追跡調査で確かめた。日々の生活で親子の相互作用が就学期以降の子どもの言語発達にも重要であることを示唆する報告といえる。

乳幼児に対する言語的働きかけ、親子の相互作用が子どもの言語スキルや言語知識といった言語発達指標を長期に上昇させることは、これまで多くの研究で示されてきた。

タイトルとURLをコピーしました