雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

ナノ物質「グラフェン」が、「がん幹細胞」根絶可能な薬となりうるか

この記事は約1分で読めます。

たちの悪い「がん幹細胞」、根絶可能な薬の候補を発見 | Medエッジ

https://www.mededge.jp/b/tech/9863

最近注目のナノ物質「グラフェン」に、がんの中でもたちの悪い細胞「がん幹細胞」の増殖を選択的に抑える効果があると分かった。

 英国マンチェスター大学マンチェスター細胞代謝センターを中心とした研究グループが、がんの専門誌オンコターゲット誌2015年2月24日オンライン版で報告した。

がん幹細胞の性質を奪ってしまうらしい。
これが進めば、手術がいらなくなるのかもしれない。

グラフェンオキシドはがん幹細胞が「幹細胞」としての性質を保つのに特に重要な3つのシグナル(WNTシグナル、Notchシグナル、STATシグナル)が伝わるのを邪魔し、その性質を失わせてしまうと分かった。

タイトルとURLをコピーしました