雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

がん治療研究の最先端 2015.9

この記事は約2分で読めます。

いろんながん治療の研究が進んでいる。

がん治療のためには早期発見。

いかにして簡単に正確に発見できるかだが、いろいろな方法が研究されている。

天才高校生が開発したのはすい臓がんの早期発見技術、九州大学では尿1滴から発見する方法。

こうした研究が進めば、そのうち毎日家の中で手軽に検査ができるということ。
もし、尿から発見できるなら、それこそトイレの役割というのが根本から変わることになる。

治療もいろいろな方法が研究されている。

毒で毒を制するような方法が、ポリオウイルスに感染させて殺す方法や、3Dプリンターでガン細胞だけを攻撃して死滅させるウィルスを作る方法や、がん細胞だけに薬を送り込めるナノマシンの開発などである。

音波を使った方法や、そもそもがん細胞を元の正常な細胞に戻すという方法論もあるらしい。

薬もこれまでとは違ったアプローチのものが研究されているようだ。

今回の記事のネタ元

タイトルとURLをコピーしました