雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

【コーヒー】注文焙煎 豆虎(赤坂店)でテイクアウト「ブラジル ショコラナチュラル」フルシティローストを飲んだ味わいと香り

コーヒー
この記事は約1分で読めます。

ブラジル ショコラナチュラル

2018年6月23日

酸味がなく、苦味がほとんどない。甘みを感じ、後味もスッキリ。とても飲みやすいコーヒーだった。

注文焙煎豆虎 | 注文毎に生豆から焙煎する注文焙煎のコーヒー専門店です。

2018年10月19日

少し寒くなってきたところで、久しぶりに飲んでみた。

苦味と甘みを同程度に感じる。苦味は味というよりは香りの方で感じる。酸味は全くないが、香も豊かではないと感じた。

ブラジルのコーヒー

ブラジルは生産量、輸出量ともに世界一。全体的に品質が高く生産の7割がアラビカ種。残りがロブスタ種。アラビカ種ではブルボン種やムンドノーボ種など複数種を栽培。90%が実を天日乾燥してから果肉除去するナチュラル製法。産地の標高が比較的低めなので、全体的に酸味が少ない。香りの甘さが軽快で、透明感のある後味、酸味と苦味の調和のとれたバランスがいい。ブレンドのベースとして多く使われる。国内の多くのコーヒー豆が集まるサントス港から輸出されたものを「サントス(ブラジルサントス)」と呼ぶ。

コーヒーの産地の特徴と豆の紹介・焙煎について

コーヒーの産地の特徴と豆の紹介
中南米ブラジルブラジルは生産量、輸出量ともに世界一。全体的に品質が高く生産の7割がアラビカ種。残りがロブスタ種。アラビカ種ではブルボン種やムンドノーボ種など複数種を栽培。90%が実を天日乾燥してから果肉除去するナチュラル製...
コーヒー豆の焙煎(ロースト)8段階
焙煎(ロースト)8段階 ローストは浅い程酸味が多く、深い程苦味が多くなる。コーヒー豆は焙煎の過程でポップコーンが弾けるようにパチンパチンと音がするタイミングが2度あ、最初をfirst crack ( 1ハゼ )といい、2度目をseco...
タイトルとURLをコピーしました