コーヒー豆の焙煎(ロースト)8段階

コーヒー
この記事は約4分で読めます。

焙煎(ロースト)8段階

ローストは浅い程酸味が多く、深い程苦味が多くなる。コーヒー豆は焙煎の過程でポップコーンが弾けるようにパチンパチンと音がするタイミングが2度あ、最初をfirst crack ( 1ハゼ )といい、2度目をsecond crack ( 2ハゼ )という。

ローストが深い程、淹れるときの粉が膨らみやすく、ローストが浅い程、膨らみは少なくなる。ローストが深くなるにつれ多くの炭酸ガスが生成されるため。浅煎りは焙煎直後でも粉の膨らみが比較的少ないため、鮮度が落ちたと思ってしまうが必ずしもそうではない。

1.ライトロースト(Light roast)

ローストの度合い:最も浅煎り。生豆に近い。first crack ( 1ハゼ )が始まる前ぐらい。
味の傾向:酸味主体。
特長:ライトローストで飲まれる機会は少ない。豆は膨らんでおらず硬く縮こまっている。酸味が強く、豆本来の風味が楽しめる。サードウェーブの飲み方は浅煎りの場合が多い。生豆に含まれるコーヒーポリフェノールは熱に弱いため、深く煎るほど減少する。

2.シナモンロースト(Cinnamon roast)

ローストの度合い:シナモンに近い色。シナモンローストはfirst crack ( 1ハゼ )の前半のタイミング。
味の傾向:酸味と甘味が増加。上質な豆ではフルーティーで甘酸っぱい香味が出る。
特長:豆の膨らみ始めの段階で硬く表面にはシワがある。

3.ミディアムロースト(Medium roast)

ローストの度合い:浅煎り。first crack ( 1ハゼ )の後半のタイミング。
味の傾向:酸味が強く、苦味は弱い。カラメルのような甘さやほのかな苦味も出てくる。
特長:別名アメリカンロースト。コーヒー豆を鑑定する「カッピング」で主に使われるロースト度合い。
向いている珈琲の種類:アメリカンコーヒー用向き。

4.ハイロースト(High roast)

ローストの度合い:中浅煎り。first crack ( 1ハゼ )の終わりからsecond crack ( 2ハゼ )が始まる中間のタイミング。
味の傾向:酸味はまだ残っていて、やわらかい苦味や甘味が出てくる。酸味、甘み、苦味のバランスが取れている。
向いている珈琲の種類:家庭用のレギュラーコーヒー。

5.シティロースト(City roast)

ローストの度合い:中煎り。second crack ( 2ハゼ )の開始前後のタイミング。
味の傾向:落ち着いた酸味と軽やかな苦味。
特長:日本、北欧で好まれる焙煎度合い。喫茶店や家庭で味わうことが多い深さ。シティーローストの「シティー」は、ニューヨークシティーからきたらしい。
向いている珈琲の種類:エスプレッソ。

6.フルシティロースト(Fullcity roast)

ローストの度合い:中深煎り。second crack ( 2ハゼ )の前半のタイミング。
味の傾向:苦味が増し酸味が抑えられている。香ばしい香りと、コーヒー豆の表面に、油が出てくる。
向いている珈琲の種類:炭焼珈琲もこのタイプが多い。シティ同様エスプレッソにも用いられる。アイスコーヒーにも向いている。

7.フレンチロースト(French roast)

ローストの度合い:深煎り。second crack ( 2ハゼ )の後半のタイミング。
味の傾向:酸味はほとんどなく苦味が強くなる。
特長:色はほとんど黒に近く(濃いこげ茶色)、豆の油分が表面ににじみ始める。フ
向いている珈琲の種類:カフェオレやウィンナーコーヒー、エスプレッソ、アイスコーヒーなどヨーロピアンスタイルのアレンジメニュー向き。

8.イタリアンロースト(Italian roast)

ローストの度合い:second crack ( 2ハゼ )が終了したタイミング。
味の傾向:ほとんど酸味はなく、濃厚な苦味が際立っている。香ばしい香りも強く出ている。
特長:焙煎段階の中では色がもっとも黒に近くなる。コーヒー豆の油でテカテカと光っている。
向いている珈琲の種類:エスプレッソ、カプチーノなどに使用されることが多かった。アイスコーヒーなどに向いている。

コーヒーを淹れるために

コーヒーの淹れ方(フレンチプレス)と保存の仕方
フレンチプレスでのコーヒーの淹れ方 コーヒーの淹れ方で一般的なのはドリップだったり、サイフォンやコーヒーメーカーを使うことだと思うが、フレンチプレスで淹れることの最大のメリットは、コーヒーオイルが抽出されたコーヒーを簡単に淹れることが...

紅茶党のページ

お茶・紅茶ブランド一覧
イギリスのブランドAHMAD TEA:アーマッド ティーFORTNUM & MASON:フォートナム・メイソンHarrods:ハロッズJING Tea:ジン ティーMackwoods:マックウッズRidgways:リッジウ...
紅茶の種類
代表的な紅茶の種類フレーバーティーフランボワーズ古い歴史を持つ紅茶中国茶やセイロン茶をブレンドして作られる木イチゴの紅茶として、古代ローマ時代より愛されてきたアールグレイベルガモットで林檎系の香りが特徴的中国のキーマン茶が使...
タイトルとURLをコピーしました