雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

【コーヒー】スタンダードコーヒー(山王店)でテイクアウト「ニカアグア サンタクララ農園」を飲んだ味わいと香り

コーヒー
この記事は約2分で読めます。

ニカアグア サンタクララ農園

ペーパーフィルターなので、オイルはない。

酸味が強い。
甘みはあまり感じない。
苦味はない。
全体的に軽い感じ。
飲み終えた後に雑味が残るのが気になった。

Standard Coffee
スタンダードコーヒー。日常によりそう一杯のコーヒーを。ハンドドリップで豆本来のおいしさ。農園からカップまで〜シングルオリジン〜。伝統のベーカリー・サンドウィッチ。

お店の評価

シトラス系のアロマ、甘み、ミディアムボディが特徴です。
ミルクチョコレートを思わせるアフターテイスト。
Aroma 【Lemon】レモンの香り
Flavor 【Sweet】ほのかな甘み
Acidity 【Orange】オレンジのような柑橘系の酸味
Mouthfeel 【Rich】重厚な風味
Aftertaste 【Milk chocolate】ミルクチョコレートを思わせる後口

ニカラグアのコーヒー

ニカラグアは中央アメリカの国でホンジュラスとコスタリカに挟まれている。国の中央を火山が走っているため、ミネラル分の多い肥沃な火山灰性の土壌がコーヒー豆の木を栽培するのに適している。ニカラグアのコーヒー豆は、甘く繊細な味わいとフルーティーな爽やかな香りを持つとされる。口当たりが柔らかくて甘い。後味でほんのり苦味が残るが、さっぱりとした酸味とバランスのとれたコクも特徴的。人気が高いのがジャバニカ種のコーヒー豆である。

コーヒーの産地の特徴と豆の紹介・焙煎について

コーヒーの産地の特徴と豆の紹介
中南米ブラジルブラジルは生産量、輸出量ともに世界一。全体的に品質が高く生産の7割がアラビカ種。残りがロブスタ種。アラビカ種ではブルボン種やムンドノーボ種など複数種を栽培。90%が実を天日乾燥してから果肉除去するナチュラル製...
コーヒー豆の焙煎(ロースト)8段階
焙煎(ロースト)8段階 ローストは浅い程酸味が多く、深い程苦味が多くなる。コーヒー豆は焙煎の過程でポップコーンが弾けるようにパチンパチンと音がするタイミングが2度あ、最初をfirst crack ( 1ハゼ )といい、2度目をseco...
タイトルとURLをコピーしました