【コーヒー】注文焙煎 豆虎(赤坂店)でテイクアウト「インドネシア マンデリン SG ジャンボ」フレンチローストを飲んだ味わいと香り

コーヒー
この記事は約1分で読めます。
インドネシア マンデリン SG ジャンボ

インドネシア マンデリン SG ジャンボ

ガツンと来るわけではないが、苦味がつよい。

後味が少し残るが、嫌な残り方ではない。甘みはほとんど感じない。若干酸味を感じる。

やはりインドネシアの豆という感じである。

注文焙煎豆虎 | 注文毎に生豆から焙煎する注文焙煎のコーヒー専門店です。

インドネシアのコーヒー

インドネシアのコーヒーは全般的に濃厚な苦味が特徴。インドネシアでは、ジャワ島、スマトラ島、スラウェシ島などでコーヒーが生産されている。生産されるコーヒーの品種の90%はロブスタ種(カネフォーラ種)。ジャワ島で生産されている「ジャワ・ロブスタ」は、独特な強い苦みと香りがあり、ブレンドのアクセントによく用いられる。「トラジャ」はスラウェシ島産。苦みが中心の味で、非常に濃厚なコクを持ち、酸味は無い。「カロシ・トラジャ」もしくは単に「カロシ」といわれる。「マンデリン」はスマトラ島産。苦味とコクを中心とした味わい、酸味はなく独特な後味がある。「ジャワコーヒー」はジャワ島産の主にアラビカ種コーヒーを指す。葉さび病と経済恐慌で産地が大打撃を受けて産出量が少なくなった。

コーヒーの産地の特徴と豆の紹介・焙煎について

コーヒーの産地の特徴と豆の紹介
中南米ブラジルブラジルは生産量、輸出量ともに世界一。全体的に品質が高く生産の7割がアラビカ種。残りがロブスタ種。アラビカ種ではブルボン種やムンドノーボ種など複数種を栽培。90%が実を天日乾燥してから果肉除去するナチュラル製...
コーヒー豆の焙煎(ロースト)8段階
焙煎(ロースト)8段階 ローストは浅い程酸味が多く、深い程苦味が多くなる。コーヒー豆は焙煎の過程でポップコーンが弾けるようにパチンパチンと音がするタイミングが2度あ、最初をfirst crack ( 1ハゼ )といい、2度目をseco...
タイトルとURLをコピーしました