【コーヒー】DECO「ニカラグア オホ・デ・アグア」を飲んだ味わいと香り

コーヒー
この記事は約2分で読めます。

オホ・デ・アグア(2017カップ・オブ・エクセレンス)

熱い時には苦味を少し感じたが、爽やかなフルーティな酸味と甘みを同時に感じた。香りも豊かなで、雑味がなく、後味は残らない。 さすがカップ・オブ・エクセレンス。

フレンチプレスで淹れる場合、豆は粗くないと余計な雑味が出てしまうので注意。特に自分で豆を挽く場合に注意が必要。

粗く挽いた豆で淹れると、苦味は全然感じなくなり、甘みと程よい酸味が口に広がる。スペシャリティコーヒー特有の豊かな香りも、一層豊かに感じられるようになる。

ラズベリー オレンジ キャラメル スムースマウスフィール クリームカップ ロングスウィートアフター
上質な明るいフルーツ感と口に広がる甘さが印象的な最上コーヒー

https://decocoffee.com/menu/630389

カップ・オブ・エクセレンスは、その年に収穫されたコーヒーのトップ・オブ・トップ(最高品質)のものに与えられる称号。

オホ・デ・アグアは2017年の国際品評会「カップ・オブ・エクセレンス」第14位、2018年20位。生産者はブエノス・アイレスグループのエミリオとオルマン兄弟。10の農園を所有管理している。

カップ・オブ・エクセレンスの豆の美味しさを最大限に引き出すのは焙煎技術。久々に訪れた千葉県東金市の「DECO」。ここの豆は本当に美味しい。

豆で買って、家に帰ったらすぐに冷凍庫へしまった。

DECO Specialty Coffee Roaster
Qグレーダーの店主がカッピングチェックしその良質素材の持ち味を最大限引き出す焙煎を心掛けています。 | 千葉県,東金市,自家焙煎珈琲,デコ,deco, DECO,でこ,スペシャルティ,Qグレーダー | 自家焙煎珈琲 DECO

2018年の豆も飲んでみた。こちらも美味しい。

コーヒーの産地の特徴と豆の紹介・焙煎について

コーヒーの産地の特徴と豆の紹介
中南米ブラジルブラジルは生産量、輸出量ともに世界一。全体的に品質が高く生産の7割がアラビカ種。残りがロブスタ種。アラビカ種ではブルボン種やムンドノーボ種など複数種を栽培。90%が実を天日乾燥してから果肉除去するナチュラル製...
コーヒー豆の焙煎(ロースト)8段階
焙煎(ロースト)8段階 ローストは浅い程酸味が多く、深い程苦味が多くなる。コーヒー豆は焙煎の過程でポップコーンが弾けるようにパチンパチンと音がするタイミングが2度あ、最初をfirst crack ( 1ハゼ )といい、2度目をseco...
タイトルとURLをコピーしました