雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

NHKの英語教材はとてもいいのだが、ダウンロード版には決定的に不便な要素があり、これが改善されるとすっごくいい

外国語学習
この記事は約2分で読めます。

テキストのダウンロード版も、音声のダウンロード版も決定的な欠点がある。

テキストはKindleで使った場合、音声はiTunesの場合。NHKのこだわりなんかどうでもいいので、使い勝手を良くしてほしい。

○テキストの欠点

Kindleには辞書がついている。単語を認識して、辞書が自動的に立ち上がるようになっているが、NHKテキストはそもそも単語が認識されない。

おそらく画像としての処理にしてしまっているのだろう。Kindleのデフォルトの機能が仕えないので、かなりイラッとする。

少し面倒でも、こうした点までやってくれれば、ものすごくいいのだが。

売れ筋の「ラジオ英会話」は単語が認識できるようになっているが、できないテキストもあるので、改善してほしい。

NHK英語テキスト【Kindle】

○音声の欠点

iTunesではミュージックではなく、オーディオブックである。Amazonではミュージックデータだというのに。いまさらオーディオブックかよ。

どんなこだわりがあるのか知らないが、音なんだから、べつにミュージックデータでいいじゃねェか、と思う。おかげで、iPhoneでは頭出し等が面倒だ。

Amazonではデジタルミュージックなので、一緒にしてもらいたいくらいだ。

さらに、2015年4月時点で何が不便かというと、iTunes Matchにオーディオブックが対応していない点だ。

要するにアップルも、マイナーなものにはサービスを割く気がないということなのだろう。

タイトルとURLをコピーしました