絵本

絵本

【絵本の紹介】ねないこだれだ 作:せなけいこ 絵:せなけいこ

とけいがなります ボン ボン ボン・・・こんな じかんに おきてるのは だれだ?うちの子は、この本を読んであげても、ぜんぜん怖がらない。まぁ、読み聞かせているのが、昼間だから、そう感じないだけなのかも。
絵本

わが家の絵本 2015年10月vol2

2015年10月に追加で絵本を購入したので。今月の第2弾。 今回新しく買った「おしいれのぼうけん」は想定外だった。 想定外だったのは、その長さ。 一回読み聞かせしたが・・・いやぁ、長いのなんのって・・・ 「かぶとむしのぶんちゃん」は虫好...
絵本

【絵本の紹介】わにわにのおふろ 作:小風さち 絵:山口マオ

わにわには おふろが だいすきですほら おふろばに はいってきました 木版画ということもあり、輪郭が力強い。わにの力強さが伝わる絵である。かなりごつい絵なのだ。 だが、この「わにわに」はごついにもかかわらず、愛嬌がある。 自分で、蛇口をひね...
スポンサーリンク
絵本

【絵本の紹介】もうねんね 松谷みよ子 絵:瀬川康男

ねむたいよう、ワン。いぬもねんね。 ねむたいよう、ニャーン。ねこもねんね。 「いいおかお」と同じ松谷みよ子さんと瀬川康男さんのコンビによる絵本。 うちの子はずっと遊んでいたいから、「ねんねする?」という言葉が嫌い。 でも、この絵...
絵本

わが家の絵本 2015年10月

2015年10月時点のわが家にある絵本。 新作の絵本が追加になったので、先月に続いて。 NHKで放映されている「おさるのジョージ」が大好きなので、アニメ版の絵本ではないが、原作の絵本を購入。 ハロウィーンの時期なので、それにちなんだもの...
絵本

わが家の絵本 2015年9月

2015年9月時点のわが家にある絵本。 新作の絵本に、お気に入りでよく読んでいる絵本、好きでないのかな?と思う絵本、まだ早かったかぁという絵本など。 子どもは2歳8カ月。 お気に入りとそうでないものがあって、存在を忘れられているものも(...
絵本

【絵本の紹介】たいようオルガン 作・絵:荒井良二

たいようオルガン たいようオルガン たいようがオルガンひいて あさがきた オルガンを弾く太陽と、ゾウバスの冒険の物語。 作・絵:荒井良二 カラフルな絵だが、上手か下手かと言ったら、下手な絵。 だけど、うちの子はこの絵本が大好き。 子...
絵本

【絵本の紹介】いいおかお 松谷みよ子 絵:瀬川康男

ふうちゃんが、いいおかお。ねこも、いぬも、ぞうさんも、いいおかお。 みんながいいおかおをしていると、おかあさんがクッキーをくれ、・・・あぁ、しあわせ みんながおいしそうにクッキーを食べているのをみると、さっき食事を終え...
絵本

【絵本の紹介】ちょっとだけまいご クリス・ホートン 訳:木坂涼

絵のがシンプルながらきれいで洗練されている。 「おっ おー」 巣からおちて、まいごになったちびフクロウ。 リスが助けに来て、ちびフクロウのかあちゃんを探す手伝いをしてくれるが・・・ 「だいじょうぶ。 おいらが かあちゃんを みつけ...
絵本

【絵本の紹介】かばくん 岸田衿子 絵:中谷千代子

動物園の一日をカバの親子と小さなカメを中心に描いている。 「おきてくれ かばくん どうぶつえんは もう11じ ねむいなら ねむいと いってくれ つまらないから おきてくれ」 この絵本のせいか、それとも、おもちゃのカバのせいか、子ども...
絵本

【絵本の紹介】おおきなかぶ A・トルストイ 絵:佐藤忠良 訳:内田莉莎子

「うんとこしょ どっこいしょ」と読んであげると、子どもが楽しそうに笑う(^O^) リズム感が良いのだろう 「おおきなかぶ」作: A・トルストイ絵: 佐藤 忠良訳: 内田 莉莎子
絵本

子供の学力向上は「読書量」と幼い頃の「読み聞かせ」!

息子が絵本が好きで、どう読んであげればよいのだろうかと思っていたところ、本書で「ゆっくりと、一音一音ハッキリと読む」という方法論を説いていたので、読み聞かせをさっそくやってみた。
絵本

絵本の定期購読サービス

子どもに良書を!「絵本の定期購読」のススメ プレジデントオンラインに載っていた記事 1.絵本ナビ 「絵本クラブ」は、「幸せな時間」をコンセプトにした絵本の定期配本サービス 0~6歳までの年齢別コース、小学生の学年別コース、大人コース、...
絵本

おんぼろ宇宙船シリーズ 子供のころ読んだ本

子どもの頃に読んだ本。 このシリーズに出会って、読書が好きになった。 まだあるのだろうかと思っていたら、絶版になっていた。 子どもに読ませたいシリーズだけに、残念。 いつの日か復刊してくれないだろうか。 ブライアン・アーンショウ著 1....
絵本

本好きな子を育てるコツ

ダイヤモンド・オンラインで見つけた記事 読まなくてもいいから、子供の周りに多くの本があるような環境を作り、自然と手に取るようにして上げられるようにするのがよいということ。 何に興味がわくかわからないので、多くの本をそばに置いておくのがよ...
絵本

【絵本の紹介】パンダ銭湯 tupera tupera

かわいらしいパンダには人に知られていない秘密があり… シュールな大人向けの絵本。 眼光が鋭く、黒い部分には秘密が…。 最初のころ、子供はあまり反応しなかった。そりゃそうだ。こんなシュールな絵本。 だけど ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました