雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

クスミ ティー

茶・紅茶

紅茶紹介)ダージリン ヴェール クスミ ティー

感想 ダージリン ヴェールはオーガニック・グリーン・ダージリンだそうだ。 緑茶ということもあり、茶葉の香りはそこそこに立っているが、飲むとその香りを感じることがあまりない。 だが、ほのかな甘みがある。 商品概...
茶・紅茶

紅茶紹介)グリーン(ヴェール)ミント クスミ ティー

感想 スペアミントのさわやかな香りが抜ける。 その抜けたあと、鼻にも舌にも残らない。 商品概要 『爽やかなスペアミントを添えた中国釜炒り緑茶。北アフリカでは甘いシロップを加味』 淹れ方 適温 80℃ 蒸...
茶・紅茶

紅茶紹介)ダージリン No.37 クスミ ティー

感想 やはりダージリンはおいしい。 渋みもなく、全体的にまろやか。 香りもいい。 商品概要 『インド、ヒマラヤの麓の標高の高い茶園で産する香気に秀でたストレート・ティ』 淹れ方 茶葉量(1杯あたり)3g おすすめティ...
茶・紅茶

中国茶紹介)ジャスミン クスミ ティー

感想 脂っこい食事をリセットするジャスミンティ。 オーソドックスな感じだが、少しキリっと立っている感じがするのは、選んでいる中国緑茶がシャープな感じのものだからなのだろうか。 このブランドの特徴でもあるシャープな強い感じをイメージ...
茶・紅茶

お茶紹介)ビークール クスミ ティー

感想 ハーブティ。 スーッとさわやかなのはミント。 ほのかに香る甘味は甘草。 同じローズヒップ系 ・紅子 ルピシア ・ウェディング ルピシア 商品概要 『ハーブのヴェルヴェーヌミント、甘草、ローズヒップ配合。静穏な「...
茶・紅茶

中国茶紹介)プリンス・ヴラディーミル クスミ ティー

感想 スパイシーな強めの香りはクスミティならでは。 だが、飲んでみると香りに比べてさっぱりとしており、飲むにつれ強めの香りも悪くないように感じる。 少し甘さも感じながら、ピリリとスパイシーな感じがする。 商品概要 『ロ...
茶・紅茶

緑茶紹介)デトックス クスミ ティー

感想 試してみないとわからないものだね、というのを感じた一品。 レモングラスが入っているというので、覚悟して飲んだ。レモングラスは苦手だ。 香りもレモングラスの香りがしっかりしている。やっぱり苦手な系統だ。 と、思って飲んで...
茶・紅茶

紅茶紹介)朝の紅茶24番 クスミ ティー

感想 香料を使っていないそうだが、独特の香りがする。 力強い香りがするのは、セイロンとインドの紅茶なのか。 風味として中国紅茶がブレンドされ、全体的に、強めの紅茶。 癖のあるブランドの中で、これは飲みなれると癖になるかも。 ...
茶・紅茶

緑茶紹介)インペリアルラベル クスミ ティー

感想 全体的にシナモンが強いので、スパイシーな感じが強い。 オレンジが入っているのを知らなければ気がつかないくらい、遠くでオレンジを感じる。 コスメティックブランド用に開発した商品ということもあり、いわゆるカラダに良さそうな感じの...
茶・紅茶

紅茶紹介)カシミールチャイ クスミ ティー

感想 紅茶にカルダモン、ジンジャー、ローリエ、シナモン、ういきょう、クローブをブレンド。 スパイスを組み合わせるというところが、このブランドの真骨頂といえるかもしれない。 チャイとしては飲みやすいと思う。 商品概要 『6種...
茶・紅茶

紅茶紹介)アナスタシア クスミ ティー

感想 帝政ロシアの皇女・アナスタシア(Anastasia)にちなんだフレーバーティー。 アールグレイをベースに柑橘系(シトラス)にレモン、オレンジ花での着香。 クスミティには独特のスパイシーな着香もあり、このアナスタシアにも、...
茶・紅茶

紅茶紹介)聖ペテルブルグ クスミ ティー

感想 St Petersbourg(聖ペテルブルグ) 中国茶をベースにグースベリー、ラズベリー、チェリー、シトラスの香りにさらに甘いカラメルで仕上げたフレーバーティー。 ベリー系の強さよりも、シトラスのパンチとカラメルのシャープ...
茶・紅茶

KUSMI TEA クスミ ティー(紅茶ブランド)

ブランド発祥国 発祥はロシアだが、今はフランス 歴史 1867年 パヴェル・クスミショフがサンクト ペテルスブルグに紅茶の会社P.M Kousmichoffを創立。その名声はじきに高まり、クスミティーは皇帝たち...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました