雑多なことだらけですが、一定のボリュームのあるテーマができましたら、切り離して別ブログにする予定です。

(D-room生活1)ダイワハウスの賃貸住宅D-roomへ引っ越しの予定

賃貸生活
この記事は約2分で読めます。

急きょ異動を命ぜられ、あわてて物件を探すも、2件しか選択肢がなく、仕方がないので、見に行って決めてきたのがダイワハウスの賃貸住宅D-room。

選択肢がなかったので、期待はそれほどしていなかったが、新築物件であることが判明。間取りは2LDK。広さは55㎡くらい。

以前に古めの軽量鉄骨の1ルームに住んでいたことがあり、音が漏れるのと、何よりも冬が寒かったので、軽量鉄骨に対するイメージがめちゃめちゃ悪い。

さらに、5年ほど前に、現在住んでいるところ周辺で、今回と同じような物件を探したが、新築物件ですら、しょせんは軽量鉄骨のアパートっていう感じで、イメージの悪さは払しょくできなかった。

結局、軽量鉄骨のアパートはやめて、小さめの一軒家を借りることにした。

今回選択肢が全くなかったので、仕方がないと思っているが、物件の見学をして、おやと思った点がいくつかあった。

1.窓の2重ガラスが厚め ・・・ 断熱が期待できそうだ

2.インターネットが標準でついている ・・・ ダイワハウスの「サツキ」というサービス物件で、インターネットの解約・開設手続きが不要なのは助かる。また、家賃に含まれているのは驚き。

3.D-roomTV<ビデオ・オンデマンド> ・・・ 上記2同様に「サツキ」のサービス

4.ALSOKが入っている ・・・ 窓にセンサーが付いており、セキュリティがしっかりしている

5.カードキー ・・・ これもセキュリティの一環

6.シャッター雨戸 ・・・ これもセキュリティの一環

詳細は、見きれていないが、第一印象として、セキュリティがしっかりしており、断熱などもしっかりしていそうな感じだった。

従来の軽量鉄骨に対するイメージが少し変わった。

まだ、契約前なので、住むようになったら、気が付いたところを書き記そうと思う。

タイトルとURLをコピーしました